天童木工の社長加藤昌宏の経歴や年収は?異色すぎる経営術とは!【カンブリア宮殿】10/31

2019年10月31日(木)22時00分~22時54分放送のカンブリア宮殿に天童木工の社長加藤昌宏さんが出演します。

天童木工は、将棋の駒、ラ・フランスで有名な山形・天童市にある、独自の加工技術と多彩なデザインの家具を持つ老舗家具メーカーなんですね。

また世界からも信頼されていて、ニトリやイケアなど安さを武器に販路を拡大する家具量販店が台頭する業界にありながらも、独自の技術力で生き残ってきた会社なんです。

そこで今回は、天童木工の社長である加藤昌宏さんの経歴や年収その経営術についてまとめます。

天童木工の社長加藤昌宏の経歴は?

 

名前:加藤昌宏(かとうまさひろ)

年齢:76歳

学歴:日本大学法学部政治経済学科卒業

職業:天童木工社長

加藤昌宏社長の詳しいことはあまり公開されておらずわかりませんでした。

天童木工(てんどうもっこう)は、家庭や企業、官公庁向けの高級木製家具を製造、販売するプライウッド(成形合板)を主力とする家具メーカーということでかなり忙しい毎日を過ごしているでしょう。

そこで気になるのが加藤昌宏さんの年収だと思いますので、次は加藤昌宏さんの年収についてみていきます。

天童木工の社長加藤昌宏の年収は?

加藤昌宏社長の年収ですが、ニトリやイケアなど安さを武器に販路を拡大する家具量販店が台頭する業界にありながらも、生き残っていることから相当稼いでいると思われます。

◾️実際に天童木工さんが製造している主な商品

・タフライスツール(柳宗理)
・ムライスツール(田辺麗子)
・マッシュルームスツール(ヤマナカグループ)
・低座イス(坂倉準三建築研究所(担当長大作))
・スポークチェア(豊口克平)
・柏戸イス(剣持勇)
・座イス(藤森健次)
・安楽椅子(松村勝男)
・ローコストチェア(松村勝男)
・ロッキングチェア(菅澤光政)
・モンローチェア(磯崎新)
・マルガリータイージーチェア(Bruno Mathsson/ブルーノ・マットソン)
・オリヅル(奥山清行)
・アルベロ(奥山清行)
・リオ五輪公式卓球台「Infinity」

このような商品なんですね。

このようなことから推測すると2000万〜3000万ではないかと思われます。

加藤昌宏の詳しい年収はわかりませんでした。

大学卒業から天童木工に入社して、一歩一歩役職があがり、代表取締役になっていますから、年収も低いところから上がっていったのでしょう。

1000万、2000万ほどなあるのではないかと推測します。

天童木工の社長加藤昌宏の異色すぎる経営術

天童木工のは、新開発の世界初の圧密成形技術を使いスギやヒノキなどの針葉樹の合板から出来た新たな成形合板家具の開発をしていたそうです!

 

漫画

Posted by makoti1104