小川嶺(タイミー社長)の高校や大学は?起業の理由とは!

こんにちは!

みなさんは今、暇な時間をどのように使っていますか?

今話題のタイミーというアプリをご存知でしょうか?

このアプリは、時間を通貨のように使えるサービスを目的に、暇な時間えお単発のアルバイトなどに変えることができるアプリなんですね。

そこで今回は、タイミー社長の小川嶺さんについて調べてみました。

それでは、『小川嶺(タイミー社長)の高校や大学は?起業の理由とは!』についてみていきましょう!

小川嶺(タイミー社長)の高校は?

まずは、小川嶺(タイミー社長)の高校は?からみていきます。

小川嶺社長の高校は調べてみましたが、分かりませんでした。

しかし、小川嶺社長は高校生では、高校3年の時に生徒会長就任し、ポッキー事件でNeverまとめに載る、、日本政策金融公庫のビジコンでセミファイリストになる、匂いの目覚まし時計を作る、株式会社OneBoxでインターンを始めるなど高校時代から積極的に経営に関わっていたようですね!

次に、小川嶺(タイミー社長)の大学は?についてみていきましょう!

小川嶺(タイミー社長)の大学は?

小川嶺社長は現役大学生なんです!

現在、2019/12/18は立教大学の4年生ということでかなり若くして起業されているようです!

大学1年生で学生団体RBSA(起業家育成団体)を立ち上げたり、慶應のビジネスコンテスト(KBC)優勝したりと1年生から積極的に行動していたみたいです!

大学2年生では、アパレル店員のマッチングサービスFASTU立ち上げ、サイバーエージェントのサマーインターンに参加し、大学3年生になり株式会社タイミーに登記を変更して開始したようなんですね!

小川嶺(タイミー社長)起業の理由は?

ここまで小川嶺社長の高校時代、現在までの大学生活を振り返ってきましたが、タイミーを起業したのは何故なのか気になりますよね??

タイミーを起業したのは、商社に入るためにインターンを探し、英語の勉強などに励んでいるときに「時間が豊かじゃない」と感じていたそうです。

小川嶺社長の時間が豊かな状況は、空いている時間に何かすることの選択肢が多くある時のようです。

自分の暇な時間をいれておけばその時間でできることを提案してくれる便利なアプリってないのかと思い、それがきっかけになったそうです!

小川嶺(タイミー社長)の高校や大学は?起業の理由とは!

今回は、『小川嶺(タイミー社長)の高校や大学は?起業の理由とは!』についてみてきました。

小川社長はすぐ行動しないとすまない性格のようですね!

それが成功者の1つの要因なのだと思い知らされた気がします!

これからのご活躍に期待しましょう!

youtube

Posted by makoti1104